発表

●口頭発表

1. 阿部真比古・橋本奈央子・倉島 彰・前川行幸

  三重県松名瀬沿岸におけるアマモ群落の生産構造.

  第1回日本水産学会中部支部大会.2001. 7. 三重.

2. 阿部真比古・倉島 彰・前川行幸

  海草アマモ幼体の光合成ー温度特性.

  日本藻類学会第28回大会. 2004. 3. 札幌.

●ポスター発表

1. Mahiko Abe・Naoko Hashimoto・Akira Kurashima・Miyuki Maegawa

  Light requirement in growth of young Zostera marina in central Japan.

  Algae 2002 in Tsukuba. 2002. 7

2.橋本奈央子・阿部真比古・倉島 彰・前川行幸

  三重県・松名瀬沿岸の多年生アマモにおける貯蔵炭水化物量の季節変化.

  日本藻類学会第27回大会.2003. 3. 三重.

3.倉島 彰・森田晃央・阿部真比古・橋本奈央子・山口 喬・栗藤和治・前川行幸

  三重県尾鷲市の浅海域における海藻植生.

  日本藻類学会第27回大会. 2003. 3. 三重.

●シンポジウム・その他

1. 阿部真比古

  アマモの温度・光特性.

  日本藻類学会第27回大会.公開シンポジウム「アマモ場の生態と回復」. 2003. 3. 三重.

論文

1.阿部真比古・森田晃央・橋本奈央子・倉島 彰・栗藤和治・前川行幸

  三重県須賀利地先の海藻植生.

  三重大学生物資源学部紀要.27.51-59. (2001)

2. Mahiko Abe, Naoko Hashimoto, Akira Kurashima and Miyuki Maegawa

  Estimation of light requirement for the growth of Zostera marina in central Japan.

  Fisheries Science. 69(5). 890-895. (2003)

3. 阿部真比古・橋本奈緒子・倉島 彰・前川行幸

  三重県松名瀬沿岸におけるアマモ群落の構造と季節変化.

 日本水産学会誌. 70(4). 523-529. (2004)

戻る