coo-coo memo は ALGAE are WONDERFUL 内にあり、私のだら〜っとした生活の一部を写真と文章で表現してみたものです。

2004.04.30

三重県志摩郡大王町麦崎。僕がいつも実験用のサンプル海藻を採集しているところだ。大学のある津市から車で2時間。小さな漁港もあるし,磯遊びができる海岸もある。夏は地元の子供たちがよく遊んでるのを見かける。今くらいの時期はヒジキがびっしり茂っていて,漁師さんがそれを採って陸で乾燥させている光景が目につく。海藻以外にもたくさんの動物が生活している。写真はカメノテという甲殻動物(カニやエビのなかま)で,茹でて殻をむいて食べるとおいしく,みそ汁とかに入れて食べたりもする。これから海のシーズン。足をけがしないように濡れてもいい靴を履いてでかけよう。

2004.04.27

1はアカモクという海藻の雌の生殖器床と気泡という部分である。最近俺が研究材料にしている海藻で、こう見えてヒジキの仲間だ。生殖器床というのは卵やら精子やらをつくる部分で、この海藻は雄と雌がいるから、当然その生殖器床にも雄と雌の区別がある。2は12月くらいのアカモクの体。まだ体長5cmくらいしかない。そして、3が4月のアカモク。すでに3mほどに生長しちゃってる。そんな長い体を水中で立った状態に保てる秘密が、気泡。葉っぱ、茎、気泡、そして生殖器床。すべてのパーツがうっとりするくらいの洗練されたプロポーションを保っている。海にはこんなきれいな海藻がどれだけでも生活している。海に遊びに行ったときなんかは、ビーチボールや魚を追いかけるのもいいが、たまにはのんびりと海藻なんかも見て欲しい。

2004.04.16

懐かしいものを発見した。俺が子供の頃、なぜか家にあった珍ジュース、「メッコール」。またの名を、「麦コーラ」。まだ甘さ控えめとか流行ってなかったのに、すでに控えめだった。あとに残る麦茶のような風味。大好きで、ほんとによく飲んでたのだが、いつの間にか冷蔵庫から姿を消した。次に発見したのは、高校生の時。たぶんそこにしかない、メッコール専用自販機。そこにメッコール専用冷蔵車が停まっていたのをみつけ、猛ダッシュで駆け寄り買って飲んだ。そして、今日。10年ぶりに飲んだその味は、当時と変わることのない麦茶の風味で俺の心をうるおした。微炭酸。また買おう。

2004.04.15

古屋兎丸の新作漫画、「鈍器降臨」。4コマ漫画となっております。魂のこもった絵。おバカでいて、それでいてほろ苦い話。心に響きます。まるで、ハンマーでたたかれたように。 

2004.04.10

研究室の後輩が沖縄に行って来た。おみやげにゴーヤーのジュースを買って来てくれた。2種類。左はゴーヤー汁30%含有。右はゴーヤー汁3%含有。どっちもジュースにして飲まなくてもよい。チャンプルーでいただきましょ。

2004.04.09

「2号・・・おまいもか・・・。」研究室で大事に飼っていたスポッテッド・2号・ガーが、水槽の外で干からびて死んでた。また。なんで、水槽から飛び出るんよ。いっつも綺麗に掃除させていただいとるぢゃないですか。「そっと窓辺に置いてください。」といわんばかりに、窓のサッシのところで死んでたらしい(後輩が第一発見者)。俺はまた、喪に服す(次のやつを吟味する時間のことね)。

2004.04.01

学会も終わり、本来フェリーに乗って三重県に帰ってなくちゃならんのですが、フェリーに乗り遅れてしまい、北海道に残る羽目になりました。そこで、小樽。石原裕次郎の街(なんで?)、小樽に行きました。JR小樽駅には裕次郎ホームというプラットホームもできるらしい。なんのために?まぁ、こっちはそんなこと知ったこっちゃないので、イクラ丼をほおばり、小樽ワインをぐびぐび飲んで、運河の横を歩いて、フェリー乗り場のある苫小牧から三重県への帰路に着きました。