coo-coo memo は ALGAE are WONDERFUL 内にあり、私のだら〜っとした生活の一部を写真と文章で表現してみたものです。

2004.05.26

シュコー,シュコーッ。ゴボゴボ。シュコー,シュコーッ。世界を震撼させた謎の肺病,七星病。タフガイの俺にもその魔の手が。「先輩,馬鹿言ってないで,たばこ,向こうで吸ってくだしゃい。」「はい。」というわけで,外に煙と臭いがもれないようにカーテンで間仕切りをして喫煙場所を作りました。僕はヘビースモーカではないのでそれほど毒煙をまき散らしているわけではないのですが,研究室には他にも2人の学生と,教授が1人たばこを吸うのでこういう場所を設けました。肩身がせまいな~と思いつつも,この中で吸うのも,おつなものですな,と悦に入っております。

2004.05.23

筋金入りのアウトドア派の俺。もやしな民間人に頼み込まれて,カヌーのラフライディングをコーチしに三重県名張まで行ってきた。嘘。名張にある水資源を見直そうという会の活動の一環の,カヌー教室(1日目)に参加してきた。カヌーははじめてですっ。青蓮寺湖にて開催されたのだが,湖に漕ぎ出したとたん,俺だけひっくり返っておぼれそうになっちゃった。でもめちゃくちゃ楽しくて,雨なのに大はしゃぎ。来月もあるそうなので,いっちゃいます。

2004.05.19

筑波大学臨海実験所を使わせてもらったおかげで,無事海藻採集ツアーも終わり,実験所のそばにある下田海中水族館に遊びに行ってきた。ここはすっばらしい水族館で,なんと水槽に本物の海藻が入っておるのであります。魚の種類はそれほど多くはないが,ショーも沢山あり楽しめます。壁に展示してある海藻の美しすぎる標本に注目してちょーだい。

2004.05.18

じろ~っ。バシャバシャ,じろ~り。ドボンッ。正解は海藻を潜って採るときの音。研究室のメンバー8人で伊豆半島の南端近くの町,下田市に海藻採集ツアーに行ってきた。天気はあまり良くなかったけど,海藻はたくさんあったし,景色はきれーしなかなかだった。なにより,買ったばかりのウェットスーツを着て潜れたのがうれしいな。で,海藻を採ってきたら,同定(採ってきた海藻がなんて海藻なのかを見極める)作業。今回,筑波大学の臨海実験所におじゃましているので,その場で同定ができた。上の写真は振り付けの練習とかぢゃなく,後輩に海藻の特徴を体で覚えさせるためにドクターの阿部ちゃんが実演指導している所。こうやって僕たちは海藻マニアになっていくのであります。

2004.05.16

ついに,my ウェットスーツができた。身体中のサイズを測定し,素材,色を選択して作ってもらった。特に,俺のウェットのおしりのところには「LAB. PHYCOLOGY & R. T. P. 」の文字が。できあがったスーツを着て,ご満悦の俺と,モービルトヨタ(4年生)。

2004.05.12

かつてスプートニクという人工衛星があった。ソ連の科学力を注ぎ込んでできた,宇宙開拓時代の開始の鐘を鳴らし,2号ではライカ犬を乗せ,その後の有人飛行の礎を築いたスプートニク。今では古ぼけてしまった未来像のひとつである。まぁ,この写真はそんなこととは関係ないです。アカモクというヒジキの仲間の海藻の子供の写真。上部の丸い部分は卵と精子がくっついてできて卵割が進んだ部分。下のピョコピョコ伸びたのは,仮根といって,この後頑丈な付着器となる部分。研究室で培養しているオスとメスから作った子供です。

2004.05.03

津市内某所。スナックの真ん中に陣取っていたドン・チカチーロから右の写真の男(暗殺者,ムッシュ・タランチュラ)に暗殺指令が出た。集まっていた俺たちに緊張感が走る。標的は「一時期のイソダ」。イソダ。日本人であることしかわからない。詳しいことはなにも。詳細はムッシュだけが知るところなのだろう。いつものことだ。ただ,フランスからムッシュが来日したことの意味,それは俺たちにもわかる。イソダは圧倒的凶悪者なのだ。って,そんなハードなことに巻き込まれるわけもなく。上の紙は,久しぶりに再会した友だち(右の写真,ムッシュ・アイハラ)に俺らのなかで誰が一番迷惑さんなのかをなぜかみんなで頼み込んで書いてもらったものです。なんで,そんなものを書いてもらわなければならなかったのか,そのことがこれからの自分たちに役に立つのかどうか。そんなことは俺たちにはわからない。